トップページ > 河北潟湖沼研究所

出展者情報

河北潟湖沼研究所

大規模干拓を経験した石川県河北潟地域の環境改善の取り組みを紹介します。失われた物質と水の循環を再構築し、潟という里湖と砂丘という里山を持つ河北潟地域の新たな価値を創造する取組である「すずめ野菜」事業、水辺の開発が進む中での人と水辺との関係を修復する取組である「七豊米」事業、河北潟における生物多様性を保全するための「生きもの元気米」事業、その他「河北潟レッドデータブック」等の取組を展示します。

出展内容の分類

  • 生物多様性
  • コンサルティング
  • 研究・学術成果発表
  • 環境配慮・エコ活動
  • ネットワーク

企業情報

担当部署 事務局
住所 〒929-0342
石川県 河北郡津幡町北中条ナ9-9
電話番号 076-288-5803
e-mail info@kahokugata.sakura.ne.jp
URL http://kahokugata.sakura.ne.jp
英文社名 Kahokugata Lake Institute

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 使用時に低公害・低エミッション
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
  • 環境情報を表示した製品・サービス
農業と生活のコラボレーションを進め地域協働による環境保全を目指しています
市民協働の米づくりでの稲刈り風景(稲束リレーによる稲架干し)
農家との協働によるネオニコフリーエリアの拡大のための「生きもの元気米」

事業内容

「すずめ野菜」事業は、野菜栽培の事業です。本事業では、河北潟とその周辺の湿地で過剰に繁茂する外来植物であるチクゴススメノヒエ等を堆肥として利用しています。河北潟は富栄養化した湖ですが、河北潟に隣接して貧栄養環境である内灘砂丘が存在しています。そこで富栄養環境の河北潟で育った外来植物を貧栄養環境である砂丘で利用することにより、健全な物質循環をつくることをこの事業の目的としています。同時に、この事業においては野菜を販売することにより水辺の管理費用を賄うことを目指しています。「すずめ野菜」の事業が普及し、内灘砂丘の畑で堆肥の使用が進み、化学肥料の使用が少なくなれば、内灘砂丘から河北潟に流れ込む地下水の窒素濃度が低くなり、河北潟の水質の向上が期待できます。現在の課題は、堆肥化のプラント建設が進んでいないことです。そのため、まだ小規模の事業となっています。
「七豊米」事業は、農業に参加する市民を増やし、水田の順応的管理に繋げることを狙いとした取り組みです。現在、河北潟の周辺では人口が増加傾向にありますが、農家だけを見ると過疎化・高齢化しています。そのため、農地のまわりの雑草の管理や水路の保全ができなくなってきており、除草剤の使用や水路の不必要なコンクリート化が進んでいます。手作業の稲作に市民に参加してもらうことで、農への参加の窓口をつくり、農地での生物多様性を守る取り組みを進めています。毎年100名くらいの人がこの活動に参加しています。
「生きもの元気米」事業は、全ての野生生物を守ることを意味する稲作です。本事業は農家とNPOが協働して取り組むもので、農地の環境保全と野生生物の生存を確保するために実施しているものです。「生きもの元気米」を栽培する水田では、殺虫剤の空中散布を行わず、畦の除草剤も使用しません。契約農家はNPOに生物調査を依頼し認証を受けます。認証を受けた米は「生きもの元気米」として付加価値をつけて販売されます。「生きもの元気米」は、水田1枚ずつに認証を受け、袋詰めされています。米袋には、生産された水田と栽培方法、確認された生物の情報が記されています。そのため究極のトレーサビリティの仕組みとなっています。現在7名の農家が参加し、10の田んぼで「生きもの元気米」が栽培されています。その他に1つのレンコン畑があります。農薬使用を制限することによる問題は現在まで生じていなません。大きな野生生物の生息状況の変化は確認されていませんが、小さな野生生物が増えていることが確認されています。この事業に参加を希望する農家は今後増えていく見込みです。現在の課題は、販路の確保となっています。それぞれの農家の独自の販路の確保が遅れています。各農家はNPOが確保した販路に頼っているのが現状です。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ