エコプロ2022
社会インフラテック/カーボンニュートラルテック/自然災害対策展/ウェザーテック
トップページ > サステナブル・プラットフォーム

出展者情報

サステナブル・プラットフォーム

小間番号 : N-12
2015 年に発効されたSDGs。
ゴールのリミットである2030 年に向けて、
中小企業の取組みが実現の「カギ」と言われています。

私たち中小企業は、次代を担う学生と手を携えて、
パートナーシップを大切にしながら、
自らが実行し、実現に向けて努力してまいります。

出展内容の分類

  • SDGs
  • 情報通信・メディア・情報サービス
  • 教育・学習支援
  • コンサルティング
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署 事務局
住所 〒105-0004
東京都 港区西新橋一丁目18番17号 明産西新橋ビル6階
電話番号
e-mail susplanpo@gmail.com
URL https://fsi-21.jimdofree.com/
英文社名 Sustainable Platform
中堅・中小企業の広報、大学・学生の皆様へ。ご来場、お待ちしています。
事業概要

事業内容

「中堅・中小企業と大学・学生」でSDGsを推進します。
各法人会員の本業における技術やアイデア、サービス、ノウハウ、データ、知識などを組み合わせ、革新的なビジネスモデル、研究成果、製品開発、サービス開発、組織改革、地域活性化、ソーシャルイノベーション等につなげるオープン・イノベーション検証のコミュニティです。

▼法人会員プロフィール【50音順】
●大谷清運株式会社/環境リサイクル http://www.otaniseiun.com/
大谷清運のCSR活動である環境学習、CSRレポート制作の学生起用や、産学連携学習。
これらの活動で子供たちや学生たちへ関わり持つことで彼らの環境や、ECO、リサイクルへの意識をも育てるお手伝いをしている。
(大谷清運のキャッチコピー「あなたの環境をECOに繋げるお手伝い」にもかけている)
特に今年から廃プラの問題について産学連携学習を通じて、「ビニル傘のリサイクル」をテーマにどのような製品化や資源化が可能か大学生たちとプロジェクトを進行。
このように現在、世界的な問題となっている廃プラスチックの処理にも積極的に携わり、今の環境をよりよくするために、大谷清運は何ができるかを常に考え、実践している。

●共立速記印刷株式会社/印刷・速記 http://www.ksi21.com/index.html
共立速記印刷株式会社は、印刷・速記を中心としたお客様の情報伝達をお手伝いする企業です。
紙媒体は企画から発送までワンストップでサービスを提供するほか、Web・動画といった情報伝達にかかわるサービス全般を提供しています。
ISO9001、14001、環境に優しい印刷工場としてのGPマーク、FSC認証等、さまざまな認証をとり継続的に運営しているほか、2013年からは文京区の盲学校への拡大本の提供など、社会貢献にも力をいれ、SDGs活動を行っています。

●中央印刷事務器株式会社/物流 http://www.chuou.co.jp/
SDGsを考えるとき、環境や社会に良い事、今より改善する事は、そのほとんどがポリシーに当てはまるのは理解していても、何をして良いのか、どんな考えで生活すべきか、「ピン」ときてない人がほとんどのはず。ここでは身近にあり、特筆できる活動やニュースを国内外問わず紹介してみました。(以下、紹介例)
中央印刷事務器(株)は昨年、過疎と産業育成の課題を抱える「広島県世羅町」と、東京の「大妻女子大学」の取り組みをサポートし、継続的な互恵関係に繋げるべく活動を続けています。
食物系学科では、世羅町の食材を使ったレシピを考案し、学内レストランで紹介したり、文化祭では世羅町の紹介と共に、来場者に軽食を提供するなどの活動を実施。
来年は研究室と連携し、神田にある「ちよだいちば」において、世羅茶再生部会による世羅茶のPR、世羅町物産品やお弁当の販売を期間限定で行い、知名度と安定した販路の発掘を目指します。(「ちよだいちば」https://www.chiyodaichiba.com/ )

●ニッセイエブロ株式会社/広告代理店 https://www.eblo.co.jp/
学生とともにオウンドメディア協働制作を13年にわたり実施してきました。将来、新しい時代を創り担う学生へ、社会人基礎力を養うコミュニケーションの教育機会を提供、社会人もまた学生より新鮮な刺激やアイディアを享受する。この共創活動を通して身近な社会課題解決を検証し、国際的なSDGs実現に向けたCSR活動と位置付けています。

▼個人会員プロフィール
●矢内 秋生/武蔵野大学 名誉教授
武蔵野大学工学部環境システム学科では前身の環境学部環境学科のときから,本NPOと連携し,学生が企業のCSR報告書作成のお手伝いをさせていただいています.ニッセイエブロ社のCSR報告書は今年で10年目になります.さらに会員企業様である大谷清運様のCSR報告書づくりに関しては,2016年版の創刊号、第二号とお手伝いさせていただきました.
ニッセイエブロ社の報告書に関しては,歴代の学生50人以上がかかわらせていただいていますが,「社会人基礎力」を養うのには最適な教育プログラムとなっており,就職活動において底力を発揮するようです.
武蔵野大学は2キャンパスあり,本部は江東区有明3-3-3,このビックサイトから至近にございます.もう一つは武蔵野女子大学(前身)のあった西東京市(中央線三鷹駅北口からバス)にあり,合わせて11学部の総合大学となっています.
全国の大学の多くが定員割れを起こしている現在,成長し続ける大学として知られます.

資料ダウンロード

トップへ