トップページ > ネパリ・バザーロ

出展者情報

ネパリ・バザーロ

ネパールや東北、沖縄の大自然で育まれた美味しい食品や、やさしい使い心地の自然派コスメ、手作り雑貨など、顔の見える関係を大切にして開発したフェアトレード商品をご紹介いたします。作り手の方々にとっても、買う側の私たちにとっても、共に納得できるものづくりを通して、誰もが幸せに暮らせる社会を創りたいと考え、活動しています。温もり溢れる商品を、お手に取ってみてください。

出展内容の分類

  • SDGs
  • 食料品・飲料
  • 日用品・医薬品・化粧品
  • 国際協力
  • 震災復興

企業情報

担当部署 営業部
住所 〒247-0014
神奈川県 横浜市栄区公田1019-267
電話番号 045-891-9939
e-mail common@nbazaro.co.jp
URL http://verda.bz
英文社名 NEPALI BAZARO

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
  • 製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
  • 長寿命化
お買い物で未来を創る ー仕事づくりを通して生産者の自立を支援しています―
ネパールの村から届く有機栽培の紅茶、コーヒー、スパイス、天然はちみつ等、作り手の顔が見えて、安全、安心の美味しい食品。
3.11以降、東北の地域振興を目指し、陸前高田で生搾り椿油を製造。椿油の他、岩手の恵みをつめた自然派コスメ「クーネ」。

事業内容

ネパリ・バザーロは、ネパールの子どもたちの教育支援を目的として1991 年に活動を開始しました。しかし、子どもたちが学校へ通えない背景には、学校の有無ではなく、その家庭の貧困問題があり、仕事の機会を創出し経済的な自立を促すことが必要と知り、1992 年 8 月、(有)ネパリ・バザーロを設立しました。
以来、ネパールのハンディクラフトや食品の企画開発・継続輸入により、ネパールで厳しい生活を余儀なくされている人々の就業の場の拡大を目指し、自立を支援しています。具体的には、コーヒー、紅茶、スパイス、はちみつなどの食品と、手作りの天然素材の衣類や雑貨などです。頻繁に生産現場を訪れ、生産者から直接話を聞き、討議し、企画開発を行うなど顔の見える関係を大切にし、強い信頼関係に基づくパートナーシップを築いてきました。また、国内の障がいのある方たちなど立場の弱い人々の仕事づくりにもこだわり、厳選素材を使った手作りクッキーや、パッキング作業などをお願いしています。NPO法人ベルダレルネーヨと協働し、共に生きていける社会の実現に少しでも寄与できればと考えています。
2011 年 3 月 11 日の東日本大震災以降、被災地支援を続け、ネパールでの経験を生かした長期的取り組みとして、岩手県陸前高田市に「製油工房 椿のみち」を開設し、椿油の製造・販売による地域復興にも取り組んでいます。さらに、椿油の他、岩手の米エタノールやワカメのエキス、ネパールのはちみつなどを使用した自然派コスメシリーズ「クーネ」を開発しました。「クーネ」とは、エスペラント語で「共に」の意味です。クーネ化粧品を通して、共に生きる社会の実現に寄与できたらと願っています。

さらに、2017年からは沖縄でカカオプロジェクトを立ち上げました。沖縄での新しい産業を目指し、地元の方々と共に、国産カカオでのチョコレート作りに挑戦しています。
次世代により良い社会を残せるように、東北や沖縄での活動は国内フェアトレードと位置づけ、これからも力を入れて取り組んでいきます。

※有限会社ネパリ・バザーロは、子どもたちへの奨学金支援や被災地支援活動など、福祉活動を担うNPO法人ベルダレルネーヨと協働しています。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ