トップページ > ナファ生活研究所

出展者情報

ナファ生活研究所

竹から生まれた自然にも人にもやさしい繊維TAKEFU(竹布)。
成長が早く、環境性に優れた竹を原料に作ったTAKEFU(竹布)製品の展示販売。なめらかな肌触りで、やさしく温かい製品です。

出展内容の分類

  • 繊維・衣類

企業情報

担当部署
住所 〒151-0051
東京都 渋谷区千駄ヶ谷3-37-3
電話番号 03-5412-7661
e-mail mail@nafa-take.com
URL http://www.nafa-take.com
英文社名 NAFA LIFE LABORATORY

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 使用時に省エネルギー・節水
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
  • 廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
竹から生まれた自然にも人にもやさしい繊維TAKEFU(竹布)
癒布シリーズはふっくらと編み上げた2重ガーゼ天竺。あたたかくとろけるような感触です。
TAKEFUうるおいマスク。ソフトで肌触りが良く洗って使えます。睡眠時や乗り物の中で、のどやお肌を乾燥から守ります。

事業内容

創業は1997年。1999年より真のナファ生活研究所の歴史は始まりました。この年に、竹から繊維を作ることを発案、2年間の研究開発の時を経て、2001年11月、TAKEFU(竹布)第一号商品のボディタオル(ノーマル)を発売。
それから13年。現在、268アイテムを上梓するところまでに育てて頂きました。
2001年9月、TAKEFU(竹布)における抗菌性の発見以来、消臭性、吸放湿性、制電性、ソフト性、温熱性等を持つ機能性繊維として、特にインナー類を中心に商品開発を進めてまいりました。
2013年8月、医療用ガーゼを目標とするTAKEFUガーゼ『守布』(mamorinuno)を発売。まずは、雑貨としてのスタート、TAKEFU(竹布)のご愛用者様から、口コミで普及が始まっています。
東日本大震災後は、震災直後の炊き出し隊のバスに乗せて頂きソックス、ストール、Tシャツなどを現地の避難所にお届けさせて頂きました。2012年からは子供用マスクを作り、福島の子供達や仮設住宅に住む方々にお届けし、その後も福島県飯館村の仮設住宅で作られた衣服、雑貨小物類をアースデイ東京で展示・販売などの復興サポートを行っています。
TAKEFU(竹布)製品の普及が医療用ガーゼの認知につながるとの考えに到り、国内では渋谷区千駄ヶ谷の事務所に併設してショールームを設け、全製品に直接触れてその良さを理解して頂く場を作り、2015年7月に渋谷区代々木の代々木VILLEGE内にTAKEFU SHOP<eau>をアンテナショップとしてオープンしました。
将来的に2号店をフランスの首都パリにオープンの予定です。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ