トップページ > 法政大学

出展者情報

法政大学

グリーンケミストリーに基づく教育・研究活動を実践している生命科学部環境応用化学科、文科省・私立大学戦略的研究基盤形成支援事業『グリーンテクノロジーを支える次世代エネルギー変換システム』の5年間の成果を中心としたサステイナビリティ実践知研究機構マイクロ・ナノテクノロジー研究センターの活動、持続可能な地球社会の構築に貢献できる人材の育成を目指した人間環境学部の取り組みを中心に出展します。

出展内容の分類

  • 化学
  • エネルギー・発電
  • 教育・学習支援
  • 研究・学術成果発表
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署 法政大学環境センター市ヶ谷環境事務課
住所 〒102-8160
東京都 千代田区富士見2-17-3 九段校舎3階
電話番号 03-3264-5681
e-mail ickankyo@hosei.ac.jp
URL http://www.hosei.ac.jp/
英文社名 HOSEI UNIVERSITY
持続可能な地球社会の実現に貢献する人材育成を中心に文理融合の活動をご紹介します。
法政のエコは「えこぴょん」が支えています。各日先着50名様に日替わりの「えこぴょん」特大缶バッジを進呈します。
「法政大学環境報告2017」は本学独自の環境マネジメントシステムにおける環境教育研究、環境保全活動を紹介しております。

事業内容

1880年、自由民権運動が高揚する時代、法政大学は権利の意識にめざめ法律の知識を求める多くの市井の人びとのために、私立法学校(東京法学社)として設立されました。その後、人びとの権利を重んじ、多様性を認めあう「自由な学風」と、なにものにもとらわれることなく公正な社会の実現を目指す「進取の気象」とを、育んできました。
戦後においても「独立自由な人格の形成」「学問を通じたヒューマニティの昂揚」「日本人の社会生活の向上に寄与する人材の育成」(元総長大内兵衛による「われらの願い」)という指針を定め、その学風を「自由と進歩」としてきました。
現在では15学部、通信教育部、大学院13研究科・1インスティテュート、専門職大学院2研究科を擁する総合大学となっています。
今日、法政大学は従来の「自由と進歩」を「自由を生き抜く実践知」と表現し、大学憲章を掲げて活動しています。

資料ダウンロード

トップへ