トップページ > テクノ矢崎

出展者情報

テクノ矢崎

浄水場で水を作る際に発生する土(つち)の環境循環事業のご紹介と合わせた水源林保護への取組ご紹介。

共同出展者

  • 岡山市水道局環境循環事業

出展内容の分類

  • 農林漁業
  • 廃棄物処理・リサイクル
  • 行政・自治体・関連団体
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署 テクノ矢崎 株式会社
住所 〒140-0004
東京都 品川区 南品川2-2-10 南品川Nビル3階
電話番号 03-5783-1401
e-mail
URL http://www.t-yzk.jp
英文社名 TECHNO YAZAKI

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
  • 使用時に低公害・低エミッション
  • 環境情報を表示した製品・サービス
これからの100年の為に!
浄水発生土を使った栽培試験(トマト)
ペレット燃料を使った環境負荷のないボイラーで熱消毒された浄水発生土

事業内容

岡山市水道局では、自然循環する水を飲料水として生活に供与することで衛生向上と経済発展を図ることを目的に、水源林保護、浄水処理、配水及び飲料水料金徴収などのトータルマネジメントを行っています。浄水処理過程では、産業廃棄物である浄水発生土が発生し、最終処分場へ処分する必要がありました。元来、浄水発生土は森林や河川流域から流出する土壌であり、リサイクル循環することが望ましいと考えられます。岡山市水道局では、「これからの100年」のため、環境、コスト、持続性などを考え、水道事業と関連が深い森林由来の木質ペレットを使用して、農業利用をターゲットとした浄水発生土リサイクル製品を製造することで二酸化炭素排出量を抑制する浄水発生土の循環事業を環境省から補助を受けて、ビジネスモデル構築し、運用しています。

トップへ