トップページ > サステイナビリティ創造研究学会

出展者情報

サステイナビリティ創造研究学会

2010年に設立した、中小企業と大学の
オープン・イノベーションラボ(OIL)、
「NPOサステイナビリティ創造研究学会」。
~人と人を、対話と教育で潤滑につなげる~を
モットーに三事業である、
●就活学生の教育・人材育成支援
●ソーシャル・ビジネスの企画・実施
●環境マネジメントシステム構築・運用支援
についての取り組みを紹介・展示します。

出展内容の分類

  • 情報通信・メディア・情報サービス
  • 教育・学習支援
  • コンサルティング
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署 FSI事務局
住所 〒105-0004
東京都 港区西新橋一丁目18番17号 明産西新橋ビル6階
電話番号
e-mail info.fsi21@gmail.com
URL http://fsi-21.jimdo.com/
英文社名 FORUM FOR SUSTAINABLE INITIATIVE
中堅・中小企業、大学そして学生の皆様へ。ご来場、お待ちしています。
昨年エコプロダクツ2017出展の様子
CSRレポートを学生と協働編集
(学生による企業の社長インタビュー)

事業内容

私達NPO会員企業の取り組みを展示します。

【ニッセイエブロ株式会社】
広告制作会社である弊社は、2010年より行っている弊社のCSRレポートの産学協働制作について展示・紹介。
この学⽣自⾝が企業内の社会人と共にレポートを企画・制作する取り組みも今年で9年目となります。
この取り組みでは、過去48名の学生が参加し、個々の学生にとっては実践・実務型インターンシップとして就活に有効な経験となっています。⼀昨年末、このような活動を知った上智大学修⼠課程に学ぶ中国⼈留学⽣が活動への参加を希望、初めての他大学生の参加、そして世界に広がりを⾒せるスタートとなりました。
時あたかもニッセイエブロが2010年に参加している国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(UNGC)では、2015年より「持続可能な開発目標(SDGs)」を推進しています。 就活生と企業が主体となる、この取り組みは個人や組織の「強靱性(レジリエンス)」を構築していく上で有効なきっかけとなっていくものと考えています。

【中央印刷事務器株式会社】
中央印刷事務器(株)は大学における地域連携(支援)の取り組みについてご紹介します。
得意先である「大妻学院」は、大妻女子中高、大学を運営する女子教育における草分け的な存在で、本年創立110年を迎えました。その記念事業の一つとして、創始者「大妻コタカ」先生の生家がある広島県世羅町と大妻学院の連携プロジェクトが採用されました。
◆学院職員による「大妻オリジナルブレンド世羅茶」の開発
世羅町はお茶の栽培に適した気候と土地に恵まれ、最盛期には年間300トンの世羅茶生産を誇っていましたが、過疎に伴い生産が消滅した苦い歴史があります。茶畑を復活させるべく有志が集まり世羅茶再生部会を結成、僅かながらの生産が5年程前から始まりました。
この活動をSNSで知り、学院オリジナル茶を開発し、地域支援に協力する仕組み作りを行っております。2017年7月から約1年半の間に若手職員を中心とした開発チームを結成し、現地から地域の問題、課題を持ち帰り、職員で共有するなど様々な活動を行いました。
お茶の開発は職員全員参加でティスティングを実施、9種類の茶葉候補からブレンドを繰り返し「大妻オリジナルブレンド世羅茶」が完成しました。このお茶は2018年10月に千代田、多摩、両キャンパスで行われた大妻祭でお披露目されました。

【大谷清運株式会社】
大谷清運株式会社は、廃棄物の収集運搬・廃棄物処理・中間処理・リサイクル・清掃事業・企画提案という活動・サービスを通して、地球環境の保全と資源循環型社会の実現に貢献しています。
私たち大谷清運は、創業以来、高齢者・障がい者の雇用促進、女性の活躍の場の提供、地域住民との共存を大切にしてきました。
そんなスタッフと共にいまの社会をより良くするために、私たちに何ができるかを常に考え、実践しています。
近年問題になっている廃プラスチック処理にも積極的に携わり、天然資源を有効に利用するため再利用や再生をして環境負荷を減らす仕組みを構築し、限りある地球の資源を有効に繰り返し使う循環型社会を目指しています。
また、企画制作部署リスリムを構え、ムービー、グラッフィク、webなどの企画から完パケまでワンストップで行なっています。
お客様の立場にたって考えられる企業、すなわち、選ばれる企業としてこれからも努力していきます。

【武蔵野大学】
武蔵野大学工学部環境システム学科では前身の環境学部環境学科のときから,本NPOと連携し、学生が企業のCSR報告書作成のお手伝いをさせていただいています。ニッセイエブロ社のCSR報告書は今年で9年目になります。さらに会員企業様である大谷清運様のCSR報告書づくりに関しては、2016年版の創刊からお手伝いさせていただいています。大谷清運様の報告書第2号は、本年12月に刊行されます。
ニッセイエブロ社の報告書に関しては、歴代の約学生50人以上がかかわらせていただいていますが、パネルでも一部ご紹介しておりますように「社会人基礎力」を養うのには最適な教育プログラムとなっており、就職活動において底力を発揮するようです.
武蔵野大学は2キャンパスあり、本部は江東区有明3-3-3,このビックサイトから至近にございます。もう一つは武蔵野女子大学(前身)のあった西東京市(中央線三鷹駅北口からバス)にあり、合わせて11学部の総合大学となっています。
全国の大学の多くが定員割れを起こしている現在、成長し続ける大学として知られます。

トップへ