トップページ > 聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校

出展者情報

聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校

主に美術の授業でのSDGsに関する学習内容と授業内で制作した環境に配慮した新素材でのプロダクトの展示・発表を行います。

出展内容の分類

  • SDGs
  • 教育・学習支援
  • 研究・学術成果発表
  • 環境配慮・エコ活動
  • 温暖化防止

企業情報

担当部署 美術科
住所 〒300-1544
茨城県 取手市山王1000
電話番号 0297-83-8111
e-mail https://torideseitoku.jimdo.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/
URL https://www.seitoku.jp/toride/
英文社名 TORIDE SEITOKU GIRL'S HIGH SCHOOL ATTACHED TO SEITOKU UNIVERSITY

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
取手聖徳SDGs2018 〜未来の地球環境と今の社会につながるものづくり〜
【里山プロジェクト】
学校セミナーハウスのある長野県佐久市の山林の間伐材を活用し幼稚園に送る玩具を制作しました。
プラスチック代替素材バルカナイズドファイバーでのものづくり & 環境学習カードゲーム(本校オリジナル)ワークショップ

事業内容

茨城県取手市にある私立女子中学高校の一貫校です。建学の理念は「和」。人と人、人と環境との調和を目指した人間教育を行っています。小笠原流礼法を正課とした人を思いやる心を育む教育、文科省特認カリキュラムの「女性キャリア」はキャリア教育の枠を超えて対人スキルの育成から始まる恊働生活や学びのための専門プログラムなどが特徴です。
普通科と音楽科を併設し、進路は併設大学への進学と他大学は関東圏以外の国公立大学、私立大学も含む4年制大学への進学が中心です。校内に生徒寮があるので通学可能な地域以外からの入学、(在外、帰国子女等含む)も容易です。
各教科の授業では、正解がひとつではない未来を生徒たちが生き抜くための力を養うための「探究の学び」を取り入れ、日々進化させる努力を学校一丸となって研究をしています。これらを支える教員集団の学び続ける姿勢も本校の特徴のひとつです。子供たちがこれから生きる未来の世界の豊かさは、人が生き続けることのできる地球環境があってこそ成立するものです。本校では全ての学びを知識だけで終わらせることなく、実生活で活用し、よりよい社会実現のための価値観と行動の変容を目指します。今回の展示発表は、まだ始まったばかりのSDGsへの取り組みの第1弾として、美術・デザインの授業を中心とした環境問題を自分事にとらえる学びとそれに続くものづくりの活動の成果を発表し、本校の目指すものをお伝えしたいと思います。今後の取手聖徳の進化をご期待ください。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ