トップページ > 早稲田大学人間科学部森林環境科学研究室

出展者情報

早稲田大学人間科学部森林環境科学研究室

石川県能登町柳田地区における地域活性化と自然環境保全についての研究を紹介します。柳田地区は世界農業遺産に認定された能登半島の内陸部に位置し、豊かな自然資源を活かした農林業を基幹産業としつつ、その副産物としての自然環境が保全されてきました。そうした中、最近では過疎少子化が地域全体に大きな影響を及ぼしつつあります。展示では今後の柳田地区へのアイデアを紹介します。また、柳田地区の特産物を紹介します。

出展内容の分類

  • SDGs
  • 農林漁業
  • 行政・自治体・関連団体
  • 研究・学術成果発表
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署 早稲田大学人間科学部森林環境科学研究室
住所 〒359-1192
埼玉県 所沢市三ヶ島2-579-15
電話番号 04-2947-6726
e-mail hiratsuka@waseda.jp
URL http://www.f.waseda.jp/hiratsuka/
英文社名 FOREST ENVIRONMENTAL SCIENCE LABORATORY, FACULTY OF HUMAN SCIENCES, WASEDA UNIVERSITY

環境に配慮しているポイント

  • 環境情報を表示した製品・サービス
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
能登町柳田地区で参加型で進める地域活性化と自然環境保全のアイデアを紹介します。
能登町柳田地区当目の稲刈り(2018年9月)
能登町柳田地区当目での稲刈り後の景観(2018年9月)

事業内容

当研究室では2018年度から能登町柳田地区を対象に合宿を始めました(今後も継続実施)。地域の基幹産業は農林業ですが、そうした生業の場である農地や林地といった景観が世界農業遺産の認定を受けるに至りました。一方、地域で進む少子高齢化、農業の高度化、そしてイノシシ獣害の拡大といった変化があり、それが地域における農林業と野生動物の「バランス」を乱し始める等、地域生活の「安心」に懸念を及ぼしています。そうした地域において、地域活性化を進めつつ自然資源の保全に貢献することが当研究室の大きなゴールです。
集落単位でのいろいろな取組が「安心した生活」をもたらし、それが地域活性化へと結びつきます。そして、地域活性化がSDGs(自然環境の保全を含む)にも寄与します。それを具現化するためのチャレンジです。
ブースでは能登町柳田地区の物産を展示します。ぜひお立ち寄りください。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ