トップページ > ジャパンドームハウス

出展者情報

ジャパンドームハウス

特殊発泡ポリスチレンコンパクトハウスは多彩な用途に対応が可能です。
住宅としてプライバシーを確保する空間、趣味の空間として、小さな仕事場として活躍します。断熱性、気密性が高く内部環境がほとんど変動しないので保管庫として、内部温度・湿度の管理のしやすさから野菜栽培や飼育施設としてもご使用いただけます。

出展内容の分類

  • 建設、建築・建材
  • 化学
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署
住所 〒922-0401
石川県 加賀市新保町ロ3-17
電話番号 0761-44-2525
e-mail http://www.dome-house.jp/contact.html
URL http://www.dome-house.jp
英文社名 Japan Dome House

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
  • 使用時に省エネルギー・節水
  • 長寿命化
マルチ対応型 特殊発泡ポリスチレン製コンパクトハウス
特殊発泡ポリスチレン製コンパクトハウスは
多彩な用途に対応が可能です。

事業内容

弊社は日本初の発泡ポリスチレン製ドームハウスの製造・販売メーカーです。
発泡ポリスチレンは緩衝材として広く使用されており、優れた断熱性とクッション性とともに、非常に軽い素材として知られています。
これまで日本では、木材、鉄、コンクリート以外は構造材として認められず、発泡ポリスチレンを構造材とする国からの認可には、一般の構造物同様の使用条件に耐えられる厳しい条件が求められました。当社では5年に渡る独自の研究開発により、地震、風、積雪、全ての条件において厳しい基準をクリアし、日本で初めて「発泡ポリスチレンを構造材としたドーム型建造物」として国土交通省から認定を受けました。
発泡ポリスチレンという特殊素材を使用することにより、他の建物とは大きく異なる特徴を備えています。断熱性・気密性に優れ、高い省エネ効果を実現。木のように腐ったり、鉄のように錆びたりしないため、耐久性にも優れています。金型成型で必要量のみを作る省資源効果、ノンフロンの製造工程による地球温暖化防止など、製造から使用までどの段階においても地球環境に大きな負担をかけません。
また、使用する人にとっては、高気密・高断熱の素材であることで冷暖房を省エネルギーに抑えるなど、省エネルギー化というメリットや地球環境への配慮だけではなく、地震や台風などの災害に対しても強い形状であり、かつ防犯性もしっかりとした安全と安心を与えてくれる空間であること、また、シックハウス症候群を発症するような素材は使用しておらず、内装材に自然素材を積極的に採用するなどしており、環境共生にも配慮した新素材と言えます。
この新素材を使用した新しい形状の建物で、新しい日本の建築文化及び農業文化を構築していくことが我々の使命です。

トップへ