トップページ > 日本リモートセンシング学会

出展者情報

日本リモートセンシング学会

リモートセンシングとは、対象を遠隔から測定する技術であり、例えば、人工衛星や航空機などから地球表面付近を観測することが挙げられる。本学会は、この技術に関して、学問および技術の発展、普及に寄与することを目的として1981年に設立されました。今回の展示では、リモートセンシングを用いた地球観測技術の紹介や、地球規模の衛星観測データの展示デモなどを行います。最新の技術を楽しんでいただけたらと思います。

出展内容の分類

  • SDGs
  • 農林漁業
  • 生物多様性
  • 研究・学術成果発表

企業情報

担当部署 一般社団法人 日本リモートセンシング学会事務局
住所 〒112-0012
東京都 文京区大塚5-3-13 ユニゾ小石川アーバン4階
電話番号 03-5981-9337
e-mail rssj@asas.or.jp
URL https://www.rssj.or.jp/
英文社名 RSSJ

環境に配慮しているポイント

  • 環境情報を表示した製品・サービス
宇宙など遠隔より地球を観測する「リモートセンシング」の普及をめざしています

事業内容

一般社団法人日本リモートセンシング学会は、リモートセンシングに関する研究の連絡、提携を図り、学問および技術の発展、普及に寄与することを目的として1981年に設立されました。学会発足後から、学会誌の発行、各種研究会や講演会を開催して学問の普及に努め、会員相互の親睦・連絡を図っています。

本学会の活動分野は環境監視、気象、海洋、生態、地理、測量、地質、防災、資源探査、農林、水産、土木、建築、計測、機械、宇宙開発、行政などの幅広い分野に亘り、既存の学問領域を超えた闊達な議論が進められています。

近年、ひまわりによる高頻度の気象観測やLandsatなど一部の衛星データの無償化、ドローンの普及などが進み、リモートセンシングはますます身近な技術かつ学問分野となっています。会員による様々な活動を通じて、リモートセンシングのさらなる発展に努めていきたいと考えています。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ