トップページ > 日本CCS調査

出展者情報

日本CCS調査

地球温暖化対策として注目を集めているCCS(Carbon dioxide Capture and Storage)。その仕組みと、日本で初めて北海道苫小牧市で行われている大規模実証試験の全概要を分かりやすくパネル、DVD、および楽しいマンガで解説しています。 キッズ向けには、アニメ「美しい地球☆僕らの星」(約7分)を上映し、地球温暖化のことや、CCSについて楽しく学んでいただけます。

出展内容の分類

  • 温暖化防止

企業情報

担当部署 広報渉外部
住所 〒100-0005
東京都 千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー19F
電話番号 03-6268-7610
e-mail info@japanccs.com
URL http://www.japanccs.com/
英文社名 JAPAN CCS

環境に配慮しているポイント

  • 製品・サービスの機能が環境を改善

環境学習・デモンストレーション

温暖化対策技術のCCSについて、子供から大人までわかりやすく学ぶことができます。

事業内容

当社は経済産業省の公募、「平成24年度二酸化炭素削減技術実証試験事業(国庫債務負担行為に係るもの)」に応募し、委託先に選定されました。この委託により、2012年度より実証試験を開始しました。(2018年度から2019年度までの2年間は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「CCS研究開発・実証関連事業/苫小牧におけるCCS大規模実証試験」を受託)
2012年度から2015年度の4年間は、供給源となる製油所の水素製造装置から発生するCO2を含むガスから高純度のCO2を分離・回収するための設備と、地下へCO2を圧入するための設備を設計・建設するとともに、既調査井から1坑の観測井への転用、2坑の観測井と2坑の圧入井を掘削しました。
同時に、貯留層へのCO2圧入が周辺環境に影響を与えないことを確認するため、地層や地震に関するデータのモニタリングシステムを設置し、圧入前の基礎データの取得も行いました。また、CO2が貯留される地層が海底下となるため、海洋汚染防止法に基づいた海水・海洋生物などの事前調査も実施しました。
これらの準備作業が完了し、2016年4月からは、3年間30万トン以上を目指して、CO2を苫小牧港の港湾区域内の海底下約1,000mの地層へ20万トン以上を圧入しています。 その後、貯留層内でのCO2の挙動を観測し、貯留されたCO2の漏洩や自然地震による影響がないことを、圧入前に取得した基礎データと比較を行いながらモニタリングを継続しています。更に、海水、海洋生物などの海洋モニタリングも同様に実施しています。
また、情報公開の一環として、市役所に設置されたモニターにて、随時圧入状況の情報公開も行なっています。

トップへ