トップページ > 日本繊維板工業会

出展者情報

日本繊維板工業会

木材資源の高度有効活用を目的として、建築解体材や製材・合板工場端材などの木材チップを原料にした木質ボードを生産しています。 木質ボードは、建材や家具などの数多くの製品に基礎資材として使われ、木材資源のマテリアルリサイクルを実現して、持続可能な循環型社会に貢献しています。

出展内容の分類

  • 建設、建築・建材
  • 住宅・住宅設備・インテリア
  • 廃棄物処理・リサイクル
  • 環境配慮・エコ活動
  • その他

企業情報

担当部署 日本繊維板工業会
住所 〒103-0027
東京都 中央区日本橋2-12-9 日本橋グレイスビル5階
電話番号 03-3271-6883
e-mail jfpma@jfpma.sakura.ne.jp
URL http://www.jfpma.jp
英文社名 JAPAN FIBERBOARD AND PARTICLEBOARD MANUFACTURERS ASSOCIATION

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
  • 長寿命化
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
木材資源のマテリアルリサイクルによる持続可能型社会への貢献
建築解体材や製材・合板工場の端材を燃やさずに工場で木質ボードとして生まれかわり、身近な製品に使われています。
木質ボードは、表面に塗装や化粧シートを貼って加工し、家具、フローリング、扉、システムキッチン、畳などに使われています。

事業内容

木質ボードには、パーティクルボード、インシュレーションボード、MDF、ハードボード、ファイバーマットの5種類があります。
それぞれ表面平滑性、強度、断熱性や切削加工性などに特徴があり、用途によって使い分けられます。
国内に18社のメーカーがありますので、詳しくは、日本繊維板工業会のホームページ http://jfpma.jp/をごらんください。

トップへ