トップページ > 北海道石狩市

出展者情報

北海道石狩市

本市は、地球温暖化問題等に関する社会の要請を踏まえ、「石狩市水素戦略構想」を策定し、本市における水素社会構築に向けた取組みを進めています。
石狩湾新港地域に集積が進む再生可能エネルギー、充実した港湾設備、大消費地札幌に隣接する優れた立地を活かし、再生可能エネルギー由来水素の利活用による産業・生活のグリーン化および水素関連産業の集積による地域の発展を推進し、持続可能な社会の構築を目指します。

出展内容の分類

  • エネルギー・発電
  • 行政・自治体・関連団体

企業情報

担当部署 北海道石狩市企画経済部企業連携推進課
住所 〒061-3292
北海道 石狩市花川北6条1丁目30番地2
電話番号 0133-72-3158
e-mail kouwank@city.ishikari.lg.jp
URL http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/
英文社名 ISHIKARI CITY,HOKKAIDO
石狩市の目指す再生可能エネルギーを活用した社会

事業内容

石狩市は、北海道の総人口の約4割にあたる約234万人が集中する札幌圏の北部に位置し、南は190万都市の札幌市と小樽市、北は増毛町、東は新戸津川町および当別町に隣接している。市域は東西約29km、南北約67km、総面積は722.42km2で南北に細長く、北東部の増毛山地と南西部の石狩平野によって地形が形成されている。
「石狩湾新港地域」は、港湾ゾーンを支える背後地に広がる面積約3,000haの広大な産業空間である。札幌中心部まで15km、車で30分の好位置にあり、600社を超える操業企業は北海道内最大で、その業種も、卸売・倉庫・運送などの流通行のほか、機械・金属・食品などの製造業やサービス業など多岐にわたっている。
また、石油製品・LNG輸入基地のほか、火力発電所や洋上風力発電所の建設が予定され、背後地域においても風力・太陽光発電などのエネルギーが集積しており、札幌都市圏へのエネルギー供給拠点として一層の発展が期待される。

トップへ