トップページ > 国土防災技術

出展者情報

国土防災技術

弊社が開発した人工腐植技術を用いた植物活性剤や緑化資材、フルボ酸配合商品をご紹介します。
人工腐植とは、間伐材の木質チップ等を人工的に腐植させたもので、植物の成長を助ける働きがあり、腐植土壌が失われた森林で使用することで植生の回復を促進する効果が期待できます。また腐植土壌に多く含まれるフルボ酸を配合した商品など、人工腐植技術を用いた幅広い分野での活用事例をご紹介いたします。

共同出展者

  • 大建工業

出展内容の分類

  • 農林漁業
  • コンサルティング
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署 緑環境事業部
住所 〒105-0001
東京都 港区虎ノ門3丁目18番5号 青葉ビル
電話番号 03-3432-3567
e-mail k-t@jce.co.jp
URL http://www.jce.co.jp
英文社名 JAPAN CONSERVATION ENGINEERS

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
  • 製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
  • 使用時に省エネルギー・節水
  • 使用時に低公害・低エミッション
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
  • 廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
  • 環境情報を表示した製品・サービス
  • 長寿命化
  • 製品をサービスに代替
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
植物の生育環境を改善する技術を開発しています。
人工腐植
フルボ酸の利用事例

事業内容

国土防災技術は「国土の医者」として2016年に創業50周年を迎えます。
創業時より、住みよい国土の建設と国民の福祉に貢献することを企業理念に掲げ、「土と水と緑に関する優れた技術」を追及しています。山地から海岸まで幅広いフィールドを対象とし、調査設計及び施工管理を行う総合防災コンサルタント企業です。

トップへ