トップページ > 八千代エンジニヤリング

出展者情報

八千代エンジニヤリング

私たちのキーワードは「水×エネルギー×食」。
現在、日本は洪水等の水災害や安全でクリーンなエネルギーの確保、農村の後継者不足等、「水」「エネルギー」「食」それぞれに問題を抱えています。これらの問題は実は互いにトレードオフの関係にあり、一体的に解決していくことが望まれます。
私たちyecは、持続可能な未来の実現のために、科学的知見を踏まえたコンサルティングで企業活動や行政施策をご支援します。

出展内容の分類

  • SDGs
  • コンサルティング
  • 研究・学術成果発表
  • 環境配慮・エコ活動
  • ネットワーク

企業情報

担当部署 事業開発本部 水リスクマネジメント室、エコ・エナジーマネジメント室
住所 〒111-8648
東京都 台東区浅草橋5-20-8 CSタワー
電話番号 03-5822-2900
e-mail https://www.yachiyo-eng.co.jp/contact/
URL http://www.yachiyo-eng.co.jp/
英文社名 YACHIYO ENGINEERING

環境に配慮しているポイント

  • 環境情報を表示した製品・サービス
行政経験で培った専門技術で企業の皆様が抱える課題解決とSDGs達成に貢献します
日本「水の地図」を作成しました。水リスク評価には、拠点の水収支を把握することが不可欠です。
水がどこからどこへ流れて、同じ水を誰が共有するのかを理解することは、リスクヘッジにつながります。

事業内容

私たち八千代エンジニヤリング(株)は、国内外における多くの行政施策・企業活動支援の経験を活かし、環境事業に取り組んでいます。
ポテンシャル評価からマネジメント、さらには資源の販売まで、「水×エネルギー×食」をキーワードに、企業の皆様が抱える課題を一体的に支援・解決いたします。

■水・エネルギー・食料の課題に対する当社ソリューション
①ポテンシャル評価
・水資源賦存量評価(水源の特定、水源のポテンシャルなど)
・再生可能エネルギー賦存量評価(小水力、地熱、地中熱など)
・地域資源評価(農業、文化、景観など)
②リスクの把握
・水リスクの定量化(水害・汚染・風評被害・規制等による事業へのリスク評価)
・水収支評価(拠点水源の持続性可能性評価)
③マネジメント
・持続可能な原材料調達(サプライチェーンを含めた、リスク定量化)
・リスク評価プログラム策定(リスク管理の社内標準化)
・ステークホルダー(企業、行政、大学、研究機関、NPO・NGOなど)との連携(環境保全活動、調査、研究会立ち上げなど)
④事業インフラの供給
・資源開発(太陽光、地熱、小水力など)
・インフラ設計(発電所、圃場ハウスなど)
・インフラ供給(水、エネルギーなど)
⑤資源の販売
・売電、売熱
・加工品販売
・ブランディング

——————————————
●当社サービス紹介ページ●
——————————————
水リスクラボHP
http://www.yachiyo-eng.co.jp/water-risk/

技術データベースサイト「イプロス」 当社ページ
https://premium.ipros.jp/yachiyo-eng/

トップへ