エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz
日経SDGsフォーラム シンポジウム
トップページ > 出展者ブログ

出展者ブログ

陸上植物の生態学的研究をしています。

地球温暖化の原因となっている大気CO2濃度の増加の要因として、化石燃料の利用増加だけでなく、森林や草原の面積の減少による植物のCO2吸収量の低下も挙げられています。植物の葉の光合成がどれだけCO2を吸収しているか、環境変動にどのように応答するか、植物種によってどのような多様性があるかについて研究を進めています。エコプロでは異なる地域に適応したシロイヌナズナのエコタイプを展示する予定です。
モデル植物としてよく利用されているアブラナ科シロイヌナズナです。

お問い合わせ

出展者名 東京薬科大学
担当部署 教学IR研究推進課
電話番号 042-676-7306
E-mail http://www.toyaku.ac.jp/inquiry/inquiry_mail#option00
URL http://www.toyaku.ac.jp/

このブログの出展者

東京薬科大学

【生命科学部応用生命科学科】東京薬科大学 生命科学部 応用生命科学科では、微生物、植物、動物など、様々な生き物を利用して、エネルギー・食料生産や環境の保全に役立てるための研究をしています。ぜひ展示を見学しに来てください。

トップへ